転職支援のBracenetwork

弊社の日経エージェントページ

profile

profilephoto
就活コンサルタント 上野博明

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
2425262728  
<< February 2019 >>

categories

archives


スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています


    ◆上野博明のFacebookはこちら◆
    Hiroaki Ueno | バナーを作成


    • 2012.12.18 Tuesday
    • -
    • -
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    業界ぶっちゃけ話2「転職エージェントの本音」

    0
      [転職の現実] ブログ村キーワード


      今日は(自分を含む)転職エージェントの一人として、
      またまた正直なお話をさせていただきたいと思います。

      嘘つき

      酷い言い方をすると、求職者様へのヒアリング時には、
      嘘をついている時があります。

      それは

      「この会社は採用の可能性がありますよ」

      というような言葉が特にそうです。

      実際に、恥ずかしいことながら私も使う言葉ですから、
      自戒の意味もあります。

      しかしそれはこの業界のどうしようもない部分でもある
      ところなのですが、実際、会社情報に関して、あまり
      詳しくわからないことが多かったりするのです。

      求人企業様側から言えば、

      「こういう戦略があるから、こんな人がほしい」

      などと言い難いのは当たり前。

      それは大企業であればあるほど、そうなります。

      であれば、私達エージェントにも、そんなに詳しくお話
      いただけないことも多々あります。

      というところを逆手にとって、求職者の為に言いますれば、
      より具体的に、

      「それならば、実際どの程度の可能性がありますか?」

      と詳しくエージェントに聞き出そうとする姿勢が重要です。

      エージェントは何の情報もないわけではありませんから、
      どの程度の情報を持っていて、どの程度の動きをしようと
      思っているのかは見えているはずです。

      より実態に近い話ができれば、自分もどの立ち位置で
      居ればよいかわかると思いますから、

      エージェントには、

      恐れず、持っている情報の程度を質問する

      という姿勢が、転職をより的確に決めていくポイントだと
      私は思います。

      そういう話をできる前提で言えば、やっぱり転職エージェント
      に相談することはオススメできます。

      JUGEMテーマ:転職・就職の支援

      ◆上野博明のFacebookはこちら◆
      Hiroaki Ueno | バナーを作成



      スポンサーサイト

      0

        ◆上野博明のFacebookはこちら◆
        Hiroaki Ueno | バナーを作成


        • 2012.12.18 Tuesday
        • -
        • 12:29
        • -
        • -
        • -
        • -
        • by スポンサードリンク

        コメント
        コメントする








           
        この記事のトラックバックURL
        トラックバック