転職支援のBracenetwork

弊社の日経エージェントページ

profile

profilephoto
就活コンサルタント 上野博明

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>

categories

archives


スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています


    ◆上野博明のFacebookはこちら◆
    Hiroaki Ueno | バナーを作成


    • 2012.12.18 Tuesday
    • -
    • -
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    採用基準として素晴らしいと思ったので...

    0
      [就職支援] ブログ村キーワード


      これはどの会社にも当てはまるかというと、それはわかりませんが、
      ちゃんとこれを守ることは、とても重要だと思う応募の基準を
      書いてくださっている記事を見つけましたので、転載させて
      いただきます。

      本当に素晴らしい記事だと思います。

      『採用すべき応募者の見分け方』 ※運送業界です



       JUGEMテーマ:転職・就職の支援

      ◆上野博明のFacebookはこちら◆
      Hiroaki Ueno | バナーを作成



      転職、就職も営業と捉えるなら

      0
        就職、転職も、

        「自分を買っていただく営業」

        と言えると思います。


        そうであるなら、相手(人事担当者や社長など)は必ず人です。


        人であるなら、そこにはその人の人生が必ずあり、

        「人生に満足したい」

        満足顔
        (こちらは猫の満足顔)

        ということにかわりはありません。

        では採用担当者や、その上司、社長といった方は
        何に満足したいのでしょうか。
        何を達成したいんでしょうか。

        どんな仕事をしていて、何が人に認められることに
        なるのでしょうか。

        自分が勤めたいと思っている会社があるなら、
        それを予測してみましょう。

        何が違う気づきがあるかもしれません。

        ◆上野博明のFacebookはこちら◆
        Hiroaki Ueno | バナーを作成



        就職(転職)スキル「人にどう見られるのか、自分で責任を持つ」

        0
          「Yes! We can !」


          企業に就職するためには、自分がどのような人物なのか、
          自分の責任でちゃんと表現していく必要があります。

          私はある時期よく、オバマ大統領をモデルとして、
          自分をトレーニングしていました。

          どうして彼を選んでいたかというと、

          「これほど自分はこういう人物だとわかりやすい人も
          珍しい」

          と思っていたからです。

          表情、言葉、声などなど、終始一貫した態度は、
          大衆の心を捉えました。
          その後の政策には是非があると思いますが、黒人初の
          大統領という維新を成し遂げたのは素晴らしいと
          思います。

          自分がつくった履歴書、職務経歴書をただ漫然と時系列に
          つくるのか。

          それとも相手がどのように自分を見るのかを考えて、
          アピールしていくのかに、自分で責任を持つのか。

          面接でも良い意味で見せたい自分を見せる努力をして、
          鏡を見ながらリハーサル。

          入りたい会社があるなら、当然の努力ではないかと
          思ったりもします。

          それはその後の人生を大きく左右していくと思います。

          ◆上野博明のFacebookはこちら◆
          Hiroaki Ueno | バナーを作成



          技術者にもコミュニケーション能力?

          0
            プログラマーを数十人有する弊社のクライアント企業様が
            いらっしゃいますが、その社長様よりお聞きした話があります。

            それは、外注先への特定派遣のお話でした。

            プログラマーもアウトソーシングで、大手企業の中に入り、
            お仕事をすることが多い時代。
            通常の企業の面接に近いことが、契約へのプレゼン的に
            行われます。

            そこでその場にいた、どう考えてもプログラミング技術は
            ピカ一の方が落とされ、技術はこれからだけれども、話しが
            円滑にできそうだという方が通ったそうです。

            社長様は、

            「以前ならプログラミング技術が高ければ、そういう方が
            通っていた。でも今はもう、そういう時代なんだと痛感しました。」

            と言われていました。


            今はコミュニケーションは学ぶことができる時代。

            これは個人的な話ではありますが、

            私もこちらのコミュニケーションスクールで学んだ人間の一人です。

            現在はそちらでの学びを生かし、企業研修の人材育成講師も
            させていただいております。


            JUGEMテーマ:転職・就職の支援 

            ◆上野博明のFacebookはこちら◆
            Hiroaki Ueno | バナーを作成



            | 1/1PAGES |