転職支援のBracenetwork

弊社の日経エージェントページ

profile

profilephoto
就活コンサルタント 上野博明

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>

categories

archives


スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています


    ◆上野博明のFacebookはこちら◆
    Hiroaki Ueno | バナーを作成


    • 2012.12.18 Tuesday
    • -
    • -
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    正直な意見として…

    0
      [転職の現実] ブログ村キーワード

      転職

      (※ ゲームのドラゴンクエストの中では、サクっと転職
        できます
      でもやっぱり現状の日本では、戦士が魔法使いに転職する
      ことは中々望まれないようです。)




      私たちの業種は転職の中でも「有料職業紹介

      だから私が書くことは、

      企業がお金を業者に払っても、来て欲しい人

      ということに限定されるかもしれませんが、

      年々、やっぱり給与格差が大きくなっているように
      感じています。

      有料職業紹介に求められる正社員のスキル・スペックは
      ドンドン高く、そしてキャリアも即戦力となる狭い
      経験を求められていますが、給与は若干下がり気味。

      「この企業に行きたい!」

      と求職者が言いやすい状況でもないと思ったりする
      現実を日々感じています。

      転職というものは以前にも増して難しい。
      キャリアップは余計に難しい。

      だからこそ、仕事を辞めてしまうよりは、仕事を
      しながら個人スキルを高めていくこと。
      新しい仕事が始まったなら、次のスキルを身につける
      作業に入ること。

      いつも次を見据えていくこと。

      この辺りが重要なのだと思います。




      JUGEMテーマ:転職・就職の支援

      ◆上野博明のFacebookはこちら◆
      Hiroaki Ueno | バナーを作成



      業界ぶっちゃけ話2「転職エージェントの本音」

      0
        [転職の現実] ブログ村キーワード


        今日は(自分を含む)転職エージェントの一人として、
        またまた正直なお話をさせていただきたいと思います。

        嘘つき

        酷い言い方をすると、求職者様へのヒアリング時には、
        嘘をついている時があります。

        それは

        「この会社は採用の可能性がありますよ」

        というような言葉が特にそうです。

        実際に、恥ずかしいことながら私も使う言葉ですから、
        自戒の意味もあります。

        しかしそれはこの業界のどうしようもない部分でもある
        ところなのですが、実際、会社情報に関して、あまり
        詳しくわからないことが多かったりするのです。

        求人企業様側から言えば、

        「こういう戦略があるから、こんな人がほしい」

        などと言い難いのは当たり前。

        それは大企業であればあるほど、そうなります。

        であれば、私達エージェントにも、そんなに詳しくお話
        いただけないことも多々あります。

        というところを逆手にとって、求職者の為に言いますれば、
        より具体的に、

        「それならば、実際どの程度の可能性がありますか?」

        と詳しくエージェントに聞き出そうとする姿勢が重要です。

        エージェントは何の情報もないわけではありませんから、
        どの程度の情報を持っていて、どの程度の動きをしようと
        思っているのかは見えているはずです。

        より実態に近い話ができれば、自分もどの立ち位置で
        居ればよいかわかると思いますから、

        エージェントには、

        恐れず、持っている情報の程度を質問する

        という姿勢が、転職をより的確に決めていくポイントだと
        私は思います。

        そういう話をできる前提で言えば、やっぱり転職エージェント
        に相談することはオススメできます。

        JUGEMテーマ:転職・就職の支援

        ◆上野博明のFacebookはこちら◆
        Hiroaki Ueno | バナーを作成



        業界ぶっちゃけ話「コンプライアンスという無駄」

        0
          [大切なこと] ブログ村キーワード

          リンゴ農家の木村さん。
          彼はとても大切なことを教えてくれました。

          木村さんのりんご

          ちょっと過激な題名かもしれませんが、こういう題名の
          ことは書きたい性質(タチ)なので、書きたいと思います。

          どの業界にも

          コンプライアンス

          というものがあります。

          それは商品の規格や売り方などが法を遵守している
          ということ。

          それは当然大切なことです。

          しかし、人材業界においては私自身とても無駄だと
          思っているコンプライアンスがあります。

          それは、


          求人企業は

          ・「年齢制限をしてはいけないということ」

          ・「男女によって採用を決めてはいけないということ」

          ・「国籍が関係していると言ってはいけない」

          などの話です。

          人種差別問題から来ている話だと思いますので、
          実際のところは、この法律が悪いとは言い難いのですが、
          この法律へのコンプライアンスを遵守することに重きを
          おきますと、

          「実際には自分(上司)より年下を育てたい」

          とか、

          「力作業が多いので、女性には難しい」

          なども言い難いのです。

          日本企業だから、先ずは思いが通じやすい日本人の
          マネージャーがほしいということも、言ってはならない
          という法律。

          でもこれって、求職者側からしたら、

          「どうして落とされたのかわからない」

          って話になるんですよね。

          思いをちゃんと伝えること。
          思っていることをがちゃんと求職者に伝わること。

          これってとても大切なことなんじゃないかと思います。

          人の心(思い)が大切。

          それが円滑にいかないからと言って、法律で縛ってしまう
          ことになり、結果として、求職者はなんだかわからない
          落とされ方ばかりになってしまった。

          こんな風に言える転職業界なのです。

          すぐには変えられませんが、

          思いと思いが伝わり易い関係づくり

          私はそこを大切にしていきたいと思います。




          JUGEMテーマ:大切なこと 

          ◆上野博明のFacebookはこちら◆
          Hiroaki Ueno | バナーを作成



          この仕事は素晴らしい!

          0
            [転職エージェント] ブログ村キーワード


            嬉しい表情
            (嬉しそうなワンコ)

            今日は一日事務所に居まして、求職者の面談を何人か
            させていただきました。

            自分で言うのも手前味噌かもしれませんが、この

            転職エージェント

            という仕事は本当に素晴らしいです。

            この国は資本主義。
            このスタイルが続く限り、人は生きるために必ず
            何かの仕事をしています。

            仕事には、その裏に必ず人のドラマがあり、仕事には
            様々な業界特有の情報があります。

            私たちの仕事は、

            「仕事を知り、仕事を紹介する仕事」

            たくさんの業界で働く人の話を聞くことは、社会の縮図を
            日々教えてもらっているようなものです。

            毎日新しい人に出会い、席を共にし、新しい情報を
            聞かせていただく。

            有料職業紹介業というのは、実は紹介できる率は
            低いのですが…

            この仕事をしてると

            「本当に嬉しい!」

            と思える瞬間が一日に何度もあります


            JUGEMテーマ:◆職業

            ◆上野博明のFacebookはこちら◆
            Hiroaki Ueno | バナーを作成



            中国への技術輸出という職種

            0
              [中国ビジネス] ブログ村キーワード

              最近、中国方面への日本企業からの人材(人財)輸出が
              目立っています。

              上海

              今日本は不況です。

              技術者という人たちは、マーケティングのプロという方
              ではないですから、企業が国内でのマーケティングに
              難しくなると退職を勧告されたり、一時帰休をお願い
              されたりすることもあります。

              これが50代などになってから言われたら、本人にとっては
              たまったものではありません。

              中国への人財(技術)輸出が、今後何を意味するのか。
              それはハッキリはわかりません。

              今、技術を持った50代の方の転職は日本では難しい。
              しかし、中国ではその舞台があります。

              どうしても真似事で済ましてしまう所がある中国ビジネス。

              ここに日本の技術者が多く入れば、逆に日本からの本物を、
              中国を経由して世界に広げていくことができるのかも
              しれません。

              そこにやりがいがあるなら、弊社もお手伝いできるような
              気がします。
              職業紹介という舞台で。

              JUGEMテーマ:転職・就職の支援

              ◆上野博明のFacebookはこちら◆
              Hiroaki Ueno | バナーを作成



              「キャリア・アップ」という表現の罠

              0
                こんなはずじゃなかった

                転職の失敗

                転職にはそんなことがたくさんあります。

                そのためには要注意な言葉。

                それこそが・・・



                キャリア・アップ


                10年程前からよく聞くようになった言葉です。

                一見、「キャリア・アップ」という表現はとても
                肯定的な表現のような気がします。

                でもこの言葉を聞いて人はどういう印象を抱き、
                次のとる行動は何なのでしょうか。




                ・・・。



                はい、おわかりの通り「転職」です。

                私は転職エージェントですが、安易に転職しようという
                ことには反対です。

                つまり転職を勧めない転職エージェントです。

                何故かというと、転職回数が増えることになってしまい、
                経歴が軽くようになってしまうからです。

                それについては昨日のブログへ↓

                本当にステップアップをしようとしたりするときや、
                企業側のどうしようもない経営悪化
                (これは法改正などが関係します)などにより、今の
                仕事をやめざるを得ないときが必ずあります。

                それまで転職は考えてはいけません。

                仕事のできる人だからこそ、そういう思いを抱くように
                有料転職支援会社が仕組んだ社会的洗脳だと言えます。

                こういう表現で現状の不満をくすぶり、転職させようと
                するのです。

                現代は、転職するなら当然のごとくどこかのサイトに
                登録しますよね?

                某同業大企業なんかは、そうやって登録してくる人が
                ほしいだけなんですから。

                そうやって声をかけるリストを増やしてるんです。

                それによって徳をするのは、本人よりも、転職支援会社
                ということになってしまいます。

                日本企業は少し前まで終身雇用を謳っていました。

                それが最近では当然のごとく転職するものという
                流れが生まれてます。

                そして同時期より、派遣という制度により、
                更に雇用について安易に考える時代を迎えて
                しまったとも言えます。

                今国は、だからこそその過ちに気づき、それを
                是正しようとしています。

                安易に次の仕事を考えるのではなく、今の仕事でしっかり
                したキャリアを形成すること。

                それこそが大切です。

                ◆上野博明のFacebookはこちら◆
                Hiroaki Ueno | バナーを作成



                知ってしまった就職(転職)業界 No.2

                1
                前回の続きですが、

                どんな人でも登録してくれたら良いというのは、やっぱり
                そういう見せ方をしてるだけの話で、一般的に就職しにくい
                キャリアをお持ちの方には、登録していただいても、実際の
                支援は難しい。

                それが実態です。

                でも代表の青木はそこをなんとかしたい。

                「なかなか就職しにくい人こそ支援したい」

                と言う。

                ここは中々のジレンマです。

                (有料の)転職業界にとって重要視されるポイントは、
                主に出身大学有名企業での勤務転職回数(※)です。


                ※ 転職回数
                 実のところ、有料職業紹介の場合、ほとんどは
                 転職回数3回までしか相手にしてくれません。



                企業側の視点に立って、

                「お金を払ってまで来て欲しい人」

                というのを想像してみたら...


                なんとなくわかりますよね。


                だからと言って、

                「僕自身は過去がどんな人生であろうと、望む人生は手に入る」

                と主張したい方です。

                だからこそ、そうでない人達にもお役に立ちたい。
                (もちろんそういう方への支援も当然です。)


                だからこそ、このブログを始めたというわけですね。

                これからもよろしくお願いいたします。






                ※ 弊社登録はこちらから。ご相談だけでもどうぞ☆


                ◆上野博明のFacebookはこちら◆
                Hiroaki Ueno | バナーを作成



                知ってしまった就職(転職)業界

                0
                  私は昨年(2010年)11月、つまり今から約1年前にこの会社に転職
                  いたしました。

                  私は元々セミプロのカウンセラーなので、そこをかわれて入社いたし
                  ました。
                  営業やればそれなりに成績出せますしね。

                  そして私は入ってから言うのもなんなのですが、人が就職を決めると
                  企業が転職支援会社に報酬を支払うというシステムがあることを
                  知りませんでした。

                  どうやらこのシステムを業種として扱うことを、


                  と呼ぶようです。

                  場合によっては、一人が就職するだけで300万円ほどの報酬が
                  支払われていることもあります。

                  うーん、やっぱり世の中お金だ(-_-;)


                  たしかに、企業にとっても、欲しいところに的確な人は集めにくいもの。

                  少し高めの広告料と思えば、そんなものなのでしょうか。

                  プログラマーの転職を普通に支援できたら70万円とか、
                  看護師を紹介できたら若くても60万円とか、

                  最初は日々驚きの現実でした。

                  そして就職(転職)を支援するんだから、どんな人でもうちに
                  登録したらいいのに...


                  と思っていたのは実は...




                  最初だけ...


                  続きはまた次回へ

                  JUGEMテーマ:転職・就職の支援

                  ◆上野博明のFacebookはこちら◆
                  Hiroaki Ueno | バナーを作成



                  | 1/1PAGES |